Before starting renovation

リフォームを始める前に

相見積もりは最低3社は必要です

適正価格での施工を確実に進めるために
はじめてリフォームを依頼する方は、どのようなプロセスで施工を進めていいかすら分からないでしょう。そこで、お客様に「後悔しないリフォーム」を進めていただくために相見積もりは最低3社とることをおすすめします。相場が分かるほか、安心して施工を依頼できるでしょう。

家のセルフチェックをしましょう。

各設備の異常を事前に把握しておく
フロアやクロス、水まわり、インテリア、外壁、エクステリアなど、自分で確認できる部分は事前にセルフチェックをしましょう。住まいの異常を客観的に見られるので、リフォーム業者にも最適な依頼ができます。また屋根は高所になるので、自分でのぼらず、点検段階から業者に依頼しましょう。

信頼できない業者の見分け方

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

見積もり金額が安すぎる業者

安かろう悪かろう
相見積もりを取った結果、イチバン安い業者に決めてしまうのも考え物です。あまりにも安い場合は劣悪な塗料の使用や作業工程をごまかしたりする場合あるので、すぐに塗装し直さなくてはいけない可能性あります。安い・高いの明確な理由を業者に確認してみましょう。

しつこい訪問販売をする業者

手抜きの塗装工事をする危険性も
一度断わったのに、何度も電話か訪問で営業をしてくる業者に注意しましょう。基本的にリフォームの知識のないお客様がターゲットになりやすく、高額な契約になり問題になることが多いです。しっかりと信頼関係を築ける業者か見極めましょう。
項目を追加

外壁・屋根編

外壁塗装について

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

外壁は10~15年で塗り替え

少しの異変でも早めの対処がおすすめ
外壁はだいたい10~15年で塗り替える必要があります。その辺りから劣化の片鱗が見えてきますので、用心しましょう。もちろん10年未満でも異常が表れたら施工をしなければいけません。チョーキング現象など、劣化の兆しが見え始めたら業者に依頼しましょう。

塗り替え不要なケースも

事前知識をつけておきましょう
一見、劣化したように見えても実際は劣化では無く自然現象だった、というパターンもあります。具体的な症状については群馬県太田市のリホームにお問い合わせください。無駄な外壁塗装をしてしまったら損になりますので、必ず事前にノウハウを蓄えておきましょう。
項目を追加

主な外壁の症状

ひび割れ

外壁がひび割れてしまうと、隙間から雨水が浸入し、住まい内部の躯体を腐食します。住まい全体の寿命が大幅に縮みますので、早めに修繕しましょう。

チョーキング

外壁を触ったときに指先が白くなってしまったらチョーキング現象が起きている合図です。緊急事態ではないものの、近いうちに塗装し直しましょう。

カビ

カビが生えているということは塗膜の防水効果が薄れてしまっているということ。苔がむす前に早めに施工をし直す必要があります。

剥がれ

外壁塗装が剥がれると、建材に直接ダメージが降りかかってしまうことに。外壁材には防水効果がないので、住まい全体がもろくなってしまいます。

汚れ

汚れは洗浄だけで済みます。外壁は第三者の目に映る場所ですので、美観的な効果にも気を遣わなくてはいけません。

経年劣化

経年劣化により褪色などが見られても塗膜自体は劣化していない場合があります。心配な際はメンテナンスだけでもご相談ください。

屋根塗装について

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

自分では確認できない屋根の状態

たしかな腕と目を持つ業者に依頼
常に紫外線や風雨にさらされている屋根。しかしその状態は個人ではなかなか確認できません。高所作業になるので、必ず専門業者に依頼して点検してもらいましょう。ただし、必ず信頼できる業者を見分けること。たしかな目を持つ職人だからこそ、適切な施工時期をアドバイスしてくれます。
項目を追加

業者が確認すべき屋根のポイント

屋根にコケやカビが発生

コケやカビが生えている場合は、塗膜の防水性が落ちている可能性大です。防水性が失われると、野地板から住まいの内部に雨水が浸透します。

白化やサビの発生

セメント系の屋根材や金属屋根の場合でも塗膜の劣化が見受けられる場合はお手入れのサインとなります。遠くから屋根を見てセルフチェックもできますので、家の状態を確認してみましょう。

ひび割れ

屋根材がひび割れを起こすと、隙間から雨水が浸透し、梁などの躯体部分を腐食させてしまう可能性がありますので、すぐ修繕しましょう。

漆喰の劣化

瓦は耐久性が高いですが、やはりメンテナンスは必要です。漆喰の剝がれた部分から雨水が侵入して、雨漏れの原因となります。

屋根材によって老化スピードは違います

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

自宅の屋根材をチェックしてみましょう

適したタイミングを把握しよう
金属やコロニアル、瓦など住まいの屋根材にはあらゆる種類があります。それぞれで寿命は大きく変わりますので、まずは屋根材を把握しておきましょう。そのうえで適切なタイミングを、業者に質問することをおすすめします。
項目を追加

わたしの「家」はどうなのだろう……?

気になったら、まずはお気軽にご相談を!
もちろん、お見積り・建物調査は無料です!

内装編

常に快適な住まいをキープするために

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

リフォームが必要な理由とは

不満の解消と、理想の実現
「住まいの困りごとを解消したい」と「理想の内装を実現したい」の2つがリフォームにつながるでしょう。クロスの剥がれや床材の傷つき、動線が小さい、水まわりの掃除が面倒など、不満を解消して理想をカタチにしませんか?

内装をリフォームすると……

デザイン・機能ともにグッと向上します
内装をリフォームすることで利便性がグッと高まります。時間を節約しながら家事をこなせるようになるので、奥さまはもちろん、家族みんなの生活にメリットがあります。また美観が向上するのもメリットです。
項目を追加

住まいのコンディションを確認する

窓は結露の発生に気を遣いましょう。またエアコンの性能が悪いと感じた際は二重窓を導入することで、断熱性を高めるのもおすすめです。

内装

クロスが剥がれていたり、汚れが付いていたりすると、見た目が悪いうえに住まいの内部にまで影響が出てしまいますので、修繕をしましょう。

天井

天井には断熱材があります。断熱材の性能が落ちていたり、敷き込まれていない場合は新たに新設する必要がありますのでご相談ください。

部屋

部屋全体のコンディションも確認しましょう。隙間風の侵入や扉の建て付け結露によるシミなどをチェックして一括で業者に任せる必要があります。

キッチン

動線が狭かったり、収納が少ないキッチンだと、快適に料理ができず、ストレスが溜まってしまうこともあるので、気をつけましょう。

浴室

ヒートショック予防としても、浴室の気温を下げないために、リフォームをおすすめします。また防汚性の高い素材も導入可能でしょう。

リフォームでよくある失敗の事例

タイトルを入力してください

サブタイトルを入力してください
テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。テキストの例です。ここをクリックしてクリックしてテキストを編集してください。

リフォーム会社選びに注意

リフォームする設備にコミットしよう
内装リフォームを手掛ける業者でも得意分野と不得意分野が分かれています。たとえば水まわりはうまくても、他の内装は苦手な場合など、設備によって差がありますので、必ず専門業者か実績豊富な会社に依頼しましょう。

部分的な内装リフォームに注意

事前に完成イメージを固めておく
例えばクロスの一部分だけをリフォームしたい場合などは注意が必要です。スポットだけ新しくなると、どうしても周りとの調和が取れにくくなります。結局、統一感がなくなって二度施工を依頼することにもなりますので、事前に完成イメージを固めましょう。

素材選びに注意

完成イメージに大きく関わる部分です
クロスやフロアなどは、見た目や手触り感などが素材によって大幅に変わります。だからこそあらかじめイメージを固めておかなくてはいけませんし、その通りに素材を選ばなくてはいけません。事前に業者と打ち合わせておきましょう。

無垢フローリングに注意

コストが高いうえ品質にばらつきも
無垢材は足触りも良く自然素材の人気ともに需要が高まってきました。しかし無垢フローリングにはデメリットもあります。施工コストが通常のフローリングに比べて高く、品質にばらつきがあるのです。なので確認をしておく必要があります。

クロス張り替えに注意

シールの跡が残っていませんか?
クロスを何度も張り直すうちに、古いシールの跡が残ってしまい、汚くなっていきます。だから何度もクロスを張り替えている方は注意してください。具体的にいうと3回以上張り直している方は、まず現状の内壁を見直してみみましょう。
項目を追加